琥珀の夢 小説 鳥井信治郎  著:伊集院静

小説






[内容紹介]


明治12年1月30日夜明け。

大阪船場、薬問屋が並ぶ道修町に近い釣鐘町で一人の男児が産声を上げた。

両替商、鳥井忠兵衛の次男信治郎
後に日本初の国産ウイスキーを作り、今や日本を代表する企業サントリーの創業者の誕生であった。

次男坊の宿命で信治郎は13歳で薬種問屋小西儀助商店に丁稚奉公に入る。

小西商店では薬以外にウイスキーも輸入して扱っていたが、儀助は国産の葡萄酒造りを考えていた。

しかし当時の葡萄酒はアルコールに香料など様々なものを混ぜ合わせた合成酒。

信治郎は夜毎、儀助と葡萄酒造りに励んだ。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました