あした世界が終わるとしても  著:櫻木優平

小説






[内容紹介]


幼いころに母を亡くして以来、心を閉ざしがちな真。

彼をずっと見守ってきた、幼なじみの琴莉。

高校三年生の今、ようやく一歩を踏み出そうとした二人の前に突然
もうひとつの東京からもう一人の「僕」が現れる――。

アニメーション界の若き才能が自ら執筆した
初オリジナル劇場長編アニメーションの原作小説。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました