ノンフィクション

ノンフィクション

エンドロールのその後に -さえない僕らの恋愛に幸せな結末を-  著:ウイ

台本のないノンフィクション恋愛劇34編には、どんなハウツー本よりリアルな学びがある。 恋愛指南ブログ著者によるアラサー男女のノンフィクション! ▼ ご購入はこちら...
ノンフィクション

禁断の説得術 応酬話法  著:村西とおる

言わずと知れたAV界の帝王・村西とおる。 彼が英語の百科事典のセールスマン時代に習得、全国1位の営業成績を上げるに至った技術が、応酬話法である。 その後、テレビゲームのリー...
ノンフィクション

歌舞伎町コロナ戦記  著:羽田翔

パンデミック500日、夜の街のサバイバル・・・ 小池都知事に「感染の中心」とされた新宿歓楽街の1年5か月。 30年以上、この街を「定点観測」してきた風俗ライターが、マスコミ...
ノンフィクション

エンジェルフライト 国際霊柩送還士  著:佐々涼子

異境の地で亡くなった人は一体どうなるのか。 国境を越えて遺体を故国へ送り届ける仕事が存在する。 どんな姿でもいいから一目だけでも最後に会いたいと願う遺族に寄り添い、一刻も早...
ノンフィクション

ほんとうのアフガニスタン ~18年間“闘う平和主義”をつらぬいてきた医師の現場報告~  著:中村哲

2019年12月4日、中村哲は凶弾に斃れた。 内戦や外国の侵攻、大干ばつで疲弊する国土。 1984年現地に赴任。 医療から始まった支援は、井戸掘りや用水路建設にまで発...
ノンフィクション

女子大生風俗嬢 性とコロナ貧困の告白  著:中村淳彦

コロナ禍での“最大の被害者”は大学生だった! 中村淳彦氏が贈る「貧困シリーズ」の最新作は大学生がテーマ。 コロナ禍でバイトを奪われた学生たちは、いかにしてこの“地獄モード”...
ノンフィクション

原爆 私たちは何も知らなかった  著:有馬哲夫

私たち日本人は、「アメリカが原爆を作り、日本を降伏に追い込むためやむを得ず使った」と聞かされてきた。 しかし、これは完全な虚構である。 原爆は、アメリカ、イギリス、カナダの共...
ノンフィクション

ソープランドでボーイをしていました  著:久遠まこと / 玉井次郎

地震でカネも職も失った仙台在住の中年オヤジが、一念発起し東京・吉原ソープランドのボーイに転職。 強烈な同僚と泡姫たちに囲まれて働く過酷な日々・・・ 「男性従業員目線」で語られ...
ノンフィクション

星を見上げて歩き続けて  著:柏木由紀子

1985年8月12日の、日航ジャンボ機墜落事故。 最愛の夫・坂本九との突然の別れから物語は始まる。 嵐になぎ倒されるようなショックから、娘たちを、そして夫の遺してくれた家を守...
ノンフィクション

ハダカの東京都庁  著:澤章

・小池都知事の会見で指名されるのは、お気に入りの記者ばかり ・小池都知事が執務室で最も熱心なのは、ワイドショーのチェック ・「再就職」という名の天下りの実態 ・謝罪会見...
ノンフィクション

薬を食う女たち  著:五所純子

覚醒剤や大麻、睡眠薬・・・ ドラッグとその中毒者としての女性たちとの多様な関係を取材。 トラウマと逸脱、カネとセックス、生きざまと死生観がハードボイルドに描かれる。 ル...
ノンフィクション

ヒグマとの戦い  著:西村武重

大正から昭和にかけて猟銃を携え北海道の原野を駆けめぐった、ある狩人の若き日の冒険譚! 狩猟の隠れた名著を未公開写真も収録して文庫で復刊。 100年前の祖父は山野を縦横無尽...
ノンフィクション

今日から日雇い労働者になった  著:増田明利

ベストセラー「今日、ホームレスになった」の著者が、体を張って日雇い労働の世界をリポート。 1万円のタネ銭を持ち、日雇い労働&宿なし生活を1ヶ月間、敢行した。 ホームレス、ネッ...
ノンフィクション

賃貸・売買の時に不動産屋が絶対に教えないことを暴露します。  著:松田慎太郎

不動産屋のホームページに載っている物件はおとり物件で、実際に不動産屋に行くとなんだかんだで違う物件を勧められる・・・ なんてのは常識ですが、不動産業界にはもっと深い闇があります。 ...
ノンフィクション

借金の底なし沼で知ったお金の味  著:金森重樹

生きることへの「夢」とか「希望」とか、そんな言葉が別世界の事柄に感じられるくらい、「人並みのしあわせ」を求める可能性をすべて奪い去ってしまう、膨れ続ける借金という巨大な壁。 自己破...
ノンフィクション

にっぽんアニメ創生記  著:渡辺泰 / 松本夏樹 / フレデリック・S・リッテン

日本の「アニメ」はいつ、どのように誕生したのか? 1917年、3人のパイオニアたちの足跡&現存最古のアニメ『なまくら刀』フィルム発見秘話! ▼ ご購入はこちらから...
ノンフィクション

福島第一原発事故 7つの謎  著:『メルトダウン』取材班

事故後に次々に浮かび上がる謎。 福島第一原発事故の検証報道で独走するメルトダウン取材班が、吉田昌郎・福島第一原発所長が遺した「謎の言葉」の真相に迫る。 500人以上の関係者取...
ノンフィクション

こんな僕でも社長になれた  著:家入一真

貧乏、イジメ、登校拒否、ひきこもり、両親の離婚、月収6万で新聞配達。 それでも人生は変えられる! ユーザー50万人を擁する革命的レンタルサーバー「ロリポップ!」を開発、今や年...
ノンフィクション

ぼく、街金やってます  著:テツクル

東京・池袋で街金を営む著者のもとには、さまざまな多重債務者がやってくる。 そして返すあてもないまま借金を重ねていく。 そんな彼らの、悲しくも爆笑せずにはいられないさまざまなエ...
ノンフィクション

フェルマーの最終定理  著:サイモン・シン

17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。 「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」 以後、あまりにも有名になった...
ノンフィクション

うんちの行方  著:神舘和典 / 西川清史

どう浄化? 鉄道や船では? 5分で飲用水に? 徹底取材で、驚きと感動の奥深い世界へご案内! 流した後はどこへ? どう浄化される? そのために誰が、どんな苦労を? 鉄道や船はど...
ノンフィクション

BAD BLOOD シリコンバレー最大の捏造スキャンダル 全真相  著:ジョン・キャリールー

「エンロン」以降、最大の企業不正が行われた血液検査ベンチャー「セラノス」事件。 ジョージ・シュルツ、ヘンリー・キッシンジャーなど百戦錬磨の大物たちはなぜ若きCEO、エリザベス・ホー...
ノンフィクション

東電原発事故 10年で明らかになったこと  著:添田孝史

2011年3月、福島第一原子力発電所事故発生から10年。 事故はなぜ起こったのか、津波と電源喪失は本当に防げなかったのか、どのように裁かれているのか、そしてなにが隠蔽されてきたのか...
ノンフィクション

なぜ支店長は飛ばされたのか  著:加藤直樹

『半沢直樹』のモデルの一人と噂されるのが本書の著者。 大手銀行入行後、ごぼう抜きの大出世を遂げ、渋谷支店長にまで昇り詰めたが、最後に左遷され銀行トップへの道を絶たれる。 小説...
ノンフィクション

男の孤独死  著:長尾和宏

独死の7割が男性! そのリスクは50代から始まっている? 医者が教える、解剖台に乗らないための孤独死回避術。 著者が初めて、男性医学の観点から〈死〉について言及。 ...
ノンフィクション

鉄道乗務員の暴露話  著:中沢佑史

運転士・車掌・乗客など多くの人が乗っているが、実は車内を一番冷静に見渡しているのは、車内販売等を担当している乗務員なのである。 「運転士刺したる」と騒ぐ乗客 乗客を次々嘔吐さ...
ノンフィクション

三浦春馬さん・芦名星さん・竹内結子さんはなぜ「死」を選んだのか?  著:東山凛太朗

日本中が涙した俳優三浦春馬さん、芦名星さん、竹内結子さんの突然の死。 しかしマスコミはおろか、週刊誌まで報じなくなってしまった彼女たちの死の真相は明かされないまま今日まで来てし...
ノンフィクション

カウントダウン・メルトダウン  著:船橋洋一

2011年3月11日、14時46分。 東北地方太平洋岸一帯をマグニチュード9.0の激震が襲った。 この地震と、そのあとの巨大な津波により、福島第一原子力発電所は全交流電源喪失...
ノンフィクション

痛くない死に方  著:長尾和宏

2000人の最期を看取った医師だから言えること。 “痛くない"〝苦しくない"人生の終わり方とは? 私は在宅医として、末期がんの患者さんは9割以上、非がんの患者さんは半分くらい...
ノンフィクション

ふくしま原発作業員日誌 イチエフの真実、9年間の記録  著:片山夏子

水素爆発が何度も発生し、高い被ばくをする危険な場所で、命を賭してまで働くのはなぜなのか。 2011年3月に起こった福島第一原発事故当初から、片山記者が抱えてきた疑問を胸に、作業員た...
タイトルとURLをコピーしました