社会学

社会学

中国の産業スパイ網:世界の先進技術や軍事技術はこうして漁られている  著:ウィリアム・C・ハンナス / ジェームズ・マルヴィノン / アンナ・B・プイージ

世界の各地に見えないかたちで忍び寄り、必要な施術情報をあらゆる方法で入手する、国家ぐるみの恐るべきシステム。 知的所有権の世界最大の違反者である中国による盗用の実態を、中国の状況に通暁する専門家...
社会学

超電導リニアの不都合な真実  著:川辺謙一

JR東海は、もうリニアを諦めている? 「中央新幹線」は在来型新幹線で開業できるよう、準備されている... リニアの実用化は、とうてい不可能では? 複雑な走行原理に超電導磁石の課題、ト...
社会学

「毒婦」 和歌山カレー事件20年目の真実  著:田中ひかる

和歌山カレー事件はまだ終わっていない! 1998年7月25日、和歌山市園部地区の夏祭りで作られたカレーにヒ素が混入され、67人が急性ヒ素中毒に陥り、うち4人が死亡。 事件からほどなく、現場...
社会学

捨てられる土地と家  著:米山秀隆

全国で空き地・空き家が急増し、所有者不明の物件が増えています。 その面積は、合計すると830㎢と、九州の面積を超える広さに達します。 しかもマイナス価値の「負動産」と化しているのが現状です...
社会学

Z世代 ~若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?~  著:原田曜平

Z世代を理解するキーワードは「チル(まったり)&ミー(自己承認欲求、発信欲求)」 Z世代は「ゆとり世代」と何が違うのか? 世代人口が少ないにもかかわらず、なぜ発信力・拡散力が巨大なのか? ...
社会学

2040年の未来予測  著:成毛眞

2040年に、あなたは何歳だろうか? ひとつ確実なことがある。 それは、人間が必ず歳をとることだ。 iPhoneが発売されたのは、2007年。 現在、スマートフォンがない世界な...
社会学

スマホ脳  著:アンデシュ・ハンセン

平均で1日4時間、若者の2割は7時間も使うスマホ。 だがスティーブ・ジョブズを筆頭に、IT業界のトップはわが子にデジタル・デバイスを与えないという。 なぜか? 睡眠障害、うつ、記憶力...
社会学

絶対行きたくなるニッポン全国エロスポット60  著:鉄人社編集部

・目の前でフェラってくれる3DのAVを観たことがあるか? ・男でも女客の胸チラを見まくれる靴屋チェーンは? ・壁の向こうで謎の女性がしゃぶってくれる! ・伊香保温泉に美人台湾人を買え...
社会学

世界を動かすユダヤの陰謀  著:並木伸一郎

選民思想、ロスチャイルド、プロトコル、日銀支配、フリーメイソン、ヨベルの年、穀物メジャー、アロンのメシア…… この一冊を読めば、「ユダヤの秘密」のすべてがわかる! あなたは、この「真実」を...
社会学

結婚滅亡 「オワ婚時代」のしあわせのカタチとは?  著:荒川和久

「結婚が作られず」「「結婚が壊される」 2040年、人口の5割が独身(=ソロ社会)という時代がやってくる! それは「絶望の未来」か? それとも「希望の未来」か? “オワ婚”時代...
社会学

世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる  著:河添恵子

オーウェルが危惧した「1984」的な世界支配を企む中華帝国。 だが、その野望に気付いた自由世界の反撃が始まった。 日本はその先頭に立つべきだ! ▼ ご購入はこちらから ▼...
社会学

〈インターネット〉の次に来るもの  著:ケヴィン・ケリー

テクノロジーの不可避な変化が向かう未来とは? 人工知能、 仮想現実、 拡張現実、 ロボット、ブロックチェーン、 IoT、 シンギュラリティ... これから30年の間に 私たちの生活に破壊的...
社会学

生きるのが下手な人へ  著:紀野一義

「ずばり言わしてもらうなら、生きることが下手な人間ほど、神さまや、仏さまに近いと私は思う」 ・うまく他人と調子を合わせられない人 ・働いても働いても金のたまらぬ人 ・騙されても騙され...
社会学

新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実  著:峰宗太郎 / 山中浩之

「新型ワクチンは9割効く、ってどういう意味? 」 「ワクチンができれば、もうマスクはしなくていいの? 」 「なんでこんなに速くワクチンができたの? 」 「あれ、インフルエンザワクチン...
社会学

新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書  著:一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ

新型コロナウイルス感染症に対する日本政府の取り組みを中心に検証してきた成果を報告。 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(以下API※)により発足された「新型コロナ対応・民間臨時調査...
社会学

コロナパンデミックは、本当か? コロナ騒動の真相を探る  著:スチャリット・バクディ / カリーナ・ライス

本書は、「新型コロナ」にまつわる多くの科学的な疑問について、明解な答えを出している。 主要な論旨は ①新型コロナウイルスは、強毒のキラーウイルスではない。 ②ヨーロッパでロックダウン...
社会学

99%の人が知らないこの世界の秘密  著:内海聡

Facebook人気ユーザーランキング「12位」、著書累計「20万部」突破の医師が教える、新聞・テレビが絶対に報じない「真実の情報」 医学の闇はもちろん、政治、経済、メディア、歴史、宗教に至るま...
社会学

「自粛」と「緊縮」で日本は自滅する  著:藤井聡

このままでは「全体主義」と「大不況」がやってくる! 日本人よ、「コロナ」がそんなに恐いのか? 対談:小林よしのり×藤井聡 第1章:日本は激しく没落していく 第2章:「過剰自...
社会学

ここまでわかった 新型コロナ  著:上久保靖彦 / 小川榮太郎

無責任なマスコミ、専門家が倒産、自殺者を増やしている! 間違いだらけの新型コロナ論。 「専門家」の脅し、科学に基づかない「コロナうそ」の氾濫... 「集団免疫提唱者」が“常識”を覆す...
社会学

コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安か  著:西田亮介

コロナ禍があぶり出した日本の抱える政治、法律、社会システム等の課題を解き明かす。 急拡大する伝染が不安を招き、不安もまたメディアやSNSを通じて伝染した。 ポスト・コロナに向け、不安に感染...
社会学

コロナ後の世界  著:ジャレド・ダイアモンド / ポール・クルーグマン / リンダ・グラットン / マックス・テグマーク / 他

新型コロナウイルスが国境を越えて感染を拡大させる中、現代最高峰の知性6人に緊急インタビューを行い、世界と日本の行く末について問うた。 このパンデミックは人類の歴史にどんな影響を及ぼすのか? ...
社会学

冬のコロナ人災に備えてやるべき7つのこと  著:かさこ

このまま行けば1ヶ月の死者は1000人。 2021年1月、2月は再び緊急事態宣言の可能性も! 日本はコロナ被害が少なくてもコロナ人災により大ダメージが。 コロナ人災から身を守るために...
社会学

テレビは見るな!新聞は取るな!  著:船瀬俊介

「言ってはいけない」 「書いてはいけない」ことだらけ! この国を壊した元凶=それはマスコミ。 使命を忘れ、利権に溺れ、権力に媚びる。 コロナ迷走報道ですっかりバレた日本のマスコ...
社会学

さよなら、父さん コロナウイルス感染一家  著:尾田晃一

今もなお、世界を震撼させている新型コロナウイルス。 本書はお笑いタレントの志村けんさんも亡くなった事で記憶に新しい2020年の春、一家全員がコロナウイルスで入院してしまい、父を死なせてしまった著...
社会学

若者たちのニューノーマル Z世代、コロナ禍を生きる  著:牛窪恵

ごく普通の会社員・渡辺正太(49歳) 2020夏のコロナ禍において、 見た目だけがZ世代(21歳)に変身するという、 「ありえない」 事態に襲われました。 本書は、なんとか20代前半のコロ...
社会学

AVについて女子が知っておくべきすべてのこと  著:澁谷果歩

出演作品750点の2018年引退したAV女優、澁谷果歩。 青山学院大学卒、TOEIC990点(満点)で、元スポーツ新聞社勤務の彼女が、女性のためだけに書き下ろしました。 Kカップ爆乳が女優...
社会学

中国美女の正体  著:宮脇淳子 / 福島香織

「中国の嘘を暴く東洋史学者」と「中国の現場を知りつくすジャーナリスト」が初めて“中国の女性”についての真実を明かす。 ▼ ご購入はこちらから ▼ 中国美女の正体posted wit...
社会学

デモクラシーの毒  著:藤井聡・適菜収

民主主義は「ウソがうまい奴」に権力を与え、全体主義を暴走させる危険なシステムである。 橋下劇場、大阪都構想、改革サギ、偽装保守、ナショナリズム、新自由主義、グローバリズム、構造改革、ネット社...
社会学

世界の性習俗  著:杉岡幸徳

神殿で体を売る女。 エッフェル塔と結婚する人。 死体とセックスする儀式。 一見理解しがたい風習の中には、摩訶不思議な性の秘密が詰まっている。 世界中の奇妙な性習俗を、この本...
社会学

恥ずかしい人たち  著:中川淳一郎

今日もまた「恥ずかしい人」が増殖中。 態度がエラそう過ぎるオッサン。 成功者なのに不満ばかりのコメンテーター。 言い訳する能力も欠けた政治家。 勝手な“義憤”に駆られた「リ...
タイトルとURLをコピーしました