社会学

社会学

東京 消える生き物 増える生き物  著:川上洋一

高層ビル街でハトを狩るハヤブサ、街路樹を住処に数を増やすアオスジアゲハ、巣を作れず減り続けるスズメ。 動物たちがいかに環境に適応しているかを探れば、大都会の姿がガラリと変わって見...
社会学

風俗警察  著:今井良

児童ポルノ所持、違法わいせつ動画、AV出演強要、パパ活、JKビジネス、取り締まり最前線! 人間の欲望に関わる犯罪を相手にする。 だから風俗警察に終わりはない。 児童ポ...
社会学

加害者家族  著:鈴木伸元

犯罪の加害者家族は失職や転居だけでなく、インターネットでの誹謗中傷、写真や個人情報の流出など、悲惨な現実をまのあたりにする。 意外に知られていない実態を明らかにした衝撃の一冊。 ...
社会学

家族という呪い 加害者と暮らし続けるということ  著:阿部恭子

「家庭を持って初めて一人前になる」とはよく言われるが、実際に幸せになる人はどれほどいるのか? 日本で初めて加害者家族支援のNPO法人を立ち上げ、千組以上の相談にのってきた著者は問...
社会学

ネット絵史 インターネットはイラストの何を変えた?  著:虎硬

イラストはネットと共に進化を続ける! 現代日本において、いわゆる「キャラクターイラスト」を目にしない日はありません。 そんなイラストは、いつから、どのように、私たちの日常に...
社会学

自殺のコスト  著:雨宮処凛

死んでから後悔しても遅すぎる。 『完全自殺マニュアル』が書かなかった自殺の損得勘定。 致死量のクスリの値段、自殺者遺族の年金額、電車飛び込み自殺の損害賠償額、自殺物件の下落率...
社会学

住みたいまちランキングの罠  著:大原瞠

今、日本の多くの市区町村では、「住みやすいまち」を追い求めた結果、自己責任や受益者負担の原則が脇に置かれ、適切な受益者負担がなされないまま、表から見えないかたちで財政上のダメージが高ま...
社会学

新型格差社会  著:山田昌弘

格差は現象? いいえ、人災です。 格差是正の実践こそが、人生100年時代の世界共通語となる。 コロナで可視化された〈家族〉〈教育〉〈仕事〉〈地域〉〈消費〉の五大格差を徹...
社会学

怪しい広告潜入記  著:橋本玉泉

スポーツ新聞や風俗紙に載っている怪しい広告。 そこにコンタクトをとったらどうなるのか? 気になったことはないだろうか。 本書はそんな「怪しい広告」に体当たり取材を敢行、...
社会学

ソーシャルゲーム暴露本  著:オムあんこ♡大明神

近年、急激に成長してきたソーシャルゲーム、通称ソシャゲ。 ユーザーから見ると一体どんな体制で開発をしているのか? 売上は毎月どれくらい到達しているか? など明らかになっ...
社会学

キャバ嬢の社会学  著:北条かや

一流大学に通う筆者は、女らしさを売りにするキャバ嬢たちを“そうするしかない人たち”と哀れみ、自分とは違うと決めつけていた。 しかし、ある時知人に「彼女たちもあなたも変わらない、違う...
社会学

秘密結社ヤタガラスの復活  著:保江邦夫

新型コロナ以降の日本にはかつての陰陽道の復活が必要。 秘密結社ヤタガラスが日本を護る。 量子物理学者の保江邦夫が安倍晴明の魂を宿す雜賀信朋と日本の未来を語る! ...
社会学

ライブチャット業界の裏側を大暴露  著:39直人

この本は、私自信が以前に経営していたライブチャットプロダクションでの実話を基にした内容となり、ライブチャットユーザーの皆様にオススメの一冊となります。 「チャットレディって素人?業...
社会学

2011. 福島原発事故の裏側  著:Nepentha

「読めば、すべてが明らかになるだろう」 権力vs知力 あの日破壊されたのは、原発だけではなかった。 Twitterを通じてリアルタイムに綴られたあの日、あの時の状況と分...
社会学

「吉田調書」を読み解く 朝日誤報事件と現場の真実  著:門田隆将

福島第一原発の吉田昌郎所長が、「政府事故調」の聴取に答えた記録「吉田調書」 それを独占入手した朝日新聞が、「所長命令に違反、所員の9割が撤退」と大々的に報じたのは、2014年5月2...
社会学

原発と大津波 警告を葬った人々  著:添田孝史

けっして「想定外」などではなかった。 科学の粋を集めたはずの原子力産業で、地震学の最新の科学的知見は、なぜ活かされなかったのか。 その後のプレートテクトニクス理論導入期におい...
社会学

あなたの会社、その働き方は幸せですか?  著:出口治明 / 上野千鶴子

不安な時代に必要な知恵、仕事の武器をどう身につけるのか。 働き方についての取材や論考も多い出口治明さんと、女性学、ジェンダーについて研究を続ける上野千鶴子さんが、日本人の働き方、幸...
社会学

アメリカの病:パンデミックが暴く自由と連帯の危機  著:ティモシー・スナイダー

世界一の超大国アメリカで、コロナウイルスの犠牲者が最も多いのはなぜか。 医療ミスにより、生死の淵を彷徨うなかで、コロナ禍に遭遇した著者による病床からの緊急レポート! 本書は、...
社会学

中国の産業スパイ網:世界の先進技術や軍事技術はこうして漁られている  著:ウィリアム・C・ハンナス / ジェームズ・マルヴィノン / アンナ・B・プイージ

世界の各地に見えないかたちで忍び寄り、必要な施術情報をあらゆる方法で入手する、国家ぐるみの恐るべきシステム。 知的所有権の世界最大の違反者である中国による盗用の実態を、中国の状況に...
社会学

超電導リニアの不都合な真実  著:川辺謙一

JR東海は、もうリニアを諦めている? 「中央新幹線」は在来型新幹線で開業できるよう、準備されている... リニアの実用化は、とうてい不可能では? 複雑な走行原理に超電導...
社会学

「毒婦」 和歌山カレー事件20年目の真実  著:田中ひかる

和歌山カレー事件はまだ終わっていない! 1998年7月25日、和歌山市園部地区の夏祭りで作られたカレーにヒ素が混入され、67人が急性ヒ素中毒に陥り、うち4人が死亡。 事件から...
社会学

捨てられる土地と家  著:米山秀隆

全国で空き地・空き家が急増し、所有者不明の物件が増えています。 その面積は、合計すると830㎢と、九州の面積を超える広さに達します。 しかもマイナス価値の「負動産」と化してい...
社会学

Z世代 ~若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?~  著:原田曜平

Z世代を理解するキーワードは「チル(まったり)&ミー(自己承認欲求、発信欲求)」 Z世代は「ゆとり世代」と何が違うのか? 世代人口が少ないにもかかわらず、なぜ発信力・拡散力が...
社会学

2040年の未来予測  著:成毛眞

2040年に、あなたは何歳だろうか? ひとつ確実なことがある。 それは、人間が必ず歳をとることだ。 iPhoneが発売されたのは、2007年。 現在、スマートフォ...
社会学

スマホ脳  著:アンデシュ・ハンセン

平均で1日4時間、若者の2割は7時間も使うスマホ。 だがスティーブ・ジョブズを筆頭に、IT業界のトップはわが子にデジタル・デバイスを与えないという。 なぜか? 睡眠障害...
社会学

絶対行きたくなるニッポン全国エロスポット60  著:鉄人社編集部

・目の前でフェラってくれる3DのAVを観たことがあるか? ・男でも女客の胸チラを見まくれる靴屋チェーンは? ・壁の向こうで謎の女性がしゃぶってくれる! ・伊香保温泉に美...
社会学

世界を動かすユダヤの陰謀  著:並木伸一郎

選民思想、ロスチャイルド、プロトコル、日銀支配、フリーメイソン、ヨベルの年、穀物メジャー、アロンのメシア…… この一冊を読めば、「ユダヤの秘密」のすべてがわかる! あなたは、...
社会学

結婚滅亡 「オワ婚時代」のしあわせのカタチとは?  著:荒川和久

「結婚が作られず」「「結婚が壊される」 2040年、人口の5割が独身(=ソロ社会)という時代がやってくる! それは「絶望の未来」か? それとも「希望の未来」か? ...
社会学

世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる  著:河添恵子

オーウェルが危惧した「1984」的な世界支配を企む中華帝国。 だが、その野望に気付いた自由世界の反撃が始まった。 日本はその先頭に立つべきだ! ▼ ご購入は...
社会学

〈インターネット〉の次に来るもの  著:ケヴィン・ケリー

テクノロジーの不可避な変化が向かう未来とは? 人工知能、 仮想現実、 拡張現実、 ロボット、ブロックチェーン、 IoT、 シンギュラリティ... これから30年の間に 私たち...
タイトルとURLをコピーしました