社会学

社会学

コミュニケーション・ストレス 男女のミゾを科学する  著:黒川伊保子

職場での行き違いや、家庭での夫婦の仲違いが起こる前に、男女のコミュニケーション・ストレスが生まれている。 「正しいのは、客観的に判断できる僕」 「正しいのは、相手の気持ちに寄り添える私...
社会学

言語道断  著:櫻井よしこ

「国難」として大きく立ちはだかった、新型コロナウイルスの猛威。 だが2020年、我が国が抱える問題は他にも山積みだ。 五輪延期問題、大統領選を控える米国、平気で嘘を流して巧みに世界を欺...
社会学

中国はなぜいつも世界に不幸をバラ撒くのか  著:石平

中国の「宿痾」を知れば、新型コロナ問題での習近平礼賛と、それがもたらすカタストロフィがわかる! 中国は「新型コロナウイルス」の感染を隠蔽、被害拡大を招いた後に、「ウイルスの発生源は中国ではな...
社会学

日本の風俗嬢  著:中村淳彦

「そこ」で働く女性は三〇万人以上。 そんな一大産業でありながら、ほとんど表で語られることがないのが性風俗業界だ。 どんな業態があるのか? 濡れ手で粟で儲かるのか? なぜ女子...
社会学

愛国論  著:田原総一朗・百田尚樹

『永遠の0』の宮部久蔵、『海賊とよばれた男』の国岡鐡造に込められた国を想う気持ちとは? 大東亜戦争から戦後の自虐史観、そして現在の嫌中嫌韓問題まで、日本人の国への想いがどう変遷してきたのか。...
社会学

シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成  著:安宅和人

現在の世の中の変化をどう見たらいいのか? 日本の現状をどう考えるべきか? 企業はどうしたらいいのか? すでに大人の人はこれからどうサバイバルしていけばいいのか? この変化の...
社会学

「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する  著:宮崎正弘

自らが拡散させた「武漢ウイルス」を利用し、世界への影響力拡大を狙う中国。 独裁国家と自由主義陣営の熾烈な最終戦争の行方を読み解く! 欧米での感染パニックに対して、いつの間にか中国は自ら...
社会学

新型肺炎感染爆発と中国の真実 中国五千年の疫病史が物語るパンデミック  著:黄文雄

なぜ中国はつねに疫病の発生地なのか? 中国発パンデミックが厄介な理由と、世界の歴史を変えてきた史実を解説。 世界中で感染拡大が止まらない新型肺炎「COVID(コビッド)-19」 ...
社会学

「中国大崩壊」入門 何が起きているのか?これからどうなるか?どう対応すべきか?  著:渡邉哲也

米中貿易戦争は、新たな局面に突入した。 アメリカは、「FIRRMA」「ECRA」「CFIUS」という法律を制定し、中国を追い詰めていく。 これによって、中国は完全に国際市場から排除され...
社会学

ネトウヨとパヨク  著:物江潤

「すべて中韓の陰謀だ」 「いや諸悪の根源は現政権だ」 無知に気付かず、自らの正義を疑わず、対話を拒否し、ひたすら他者を攻撃する。 ネット上で日常的な光景となった罵り合いの主役が、...
社会学

2025年、人は「買い物」をしなくなる  著:望月智之

ショッピング体験の発展で、人々は「買い物」をしなくなる。 もちろん、お金を支払って何かを買うことがなくなるわけではない。 なくなるのは、これまでの買い物におけるさまざまなプロセスだ。 ...
社会学

病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ  著:木村知

なぜインフルエンザは毎シーズン大流行するのか。 総合診療に従事する著者は「風邪でも絶対に休めない」という社会の空気が要因の一つだと考える。 現在の日本では、社会保障費の削減政策が進み、...
社会学

フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ 増補新版世界を信じるためのメソッド  著:森達也

そのニュース、疑わなくてもいいですか? 映画「FAKE」や新作「i-新聞記者ドキュメント」でメディアの本質を暴露し続ける著者が、ポスト真実の時代にますます必須のメディア・リテラシーをわかりや...
社会学

私たちの国で起きていること  著:小熊英二

《日本と世界を見つめ続けた8年間の思索の軌跡》 社会の不寛容に立ち向かい、この国のかたちをどう考えていくのか? ●2011年から19年には様々なことがあった。 ●震災と原発事故、...
社会学

なぜそれが無罪なのか!?  著:伊藤和子

2019年3月、岡崎、福岡、静岡、浜松…… 相次ぐ性的虐待やレイプ事件への無罪判決 2017年に110年ぶりに大幅改正されたものの、世界のなかでまだこんなに遅れている! 2020...
社会学

8050問題の深層 「限界家族」をどう救うか  著:川北稔

長期・高年齢ひきこもり・・・ 「8050問題」に大きな注目が集まるいま、長く社会的孤立を研究してきた専門家が、全国規模の調査や支援現場のフィールドワークをもとに問題の本質を明らかにする。 ...
社会学

テレビでは流せない芸能界の怖い話【事務所NG編】  著:怖い話研究会芸能部

某大手タレント事務所に所属するグラビアアイドルM。 誕生日のパーティーで、同期のアイドルYとの間に起こった衝撃の事件とは・・・ 夜遊び好きな若手芸人Bは、連日連夜の無理がたたり番組収録中に...
社会学

テレビでは流せない芸能界の怖い話【流出編】  著:怖い話研究会芸能部

あまりの恐怖に業界の誰もが口を閉ざしてきた50の秘密が裏ルートから大流出! 数々の人気バラエティ番組を手掛ける現役放送作家が、芸能関係者から集めた最恐怪談集。 ▼ ご購入は...
社会学

テレビでは流せない芸能界の怖い話【裏事情編】  著:怖い話研究会芸能部

人気番組を手掛ける現役放送作家が芸能関係者から集めた最恐怪談集。 マンガ家が自殺!遺されたボツ原稿には、ある恐るべき真実が隠されていた。 関西から上京した芸人のもとに、郷里の母親から荷...
社会学

テレビでは流せない芸能界の怖い話【タブー編】  著:怖い話研究会芸能部

愛犬を連れてスタジオ入りするある女性ソロアーティスト。 収録の間、愛犬を預かったADが起こした事件の結果。 大阪にある芸能人御用達の某ホテルには窓がまったくない一室が。 噂を聞いてその部...
社会学

露出する女子、覗き見る女子 SNSとアプリに現れる新階層  著:三浦展

誰もがファストファッションに身を包む現代、格差は目に見えにくいものになっている。 では、現実の社会で確実に広がっている、所得や働き方、結婚による断絶を、何を手掛かりに読みとけばいいのか? ...
2020.02.28
社会学

生命保険はヒドい。 騙しだ  著:副島隆彦

日本の生命保険は客(契約者)の取り分(利益)が欧米に比べてものすごく小さいという話を聞いたのは、今から15年ほど前だった。 しかし私はこの話を真に受けなかった。 自分の生命保険の見直し...
2020.03.01
社会学

パチンコ滅亡論  著:大崎一万発・ヒロシ・ヤング

長らく娯楽の王様として君臨したパチンコ。 しかし、ここ数年は斜陽化が進み、閑古鳥が鳴くホールも少なくはない。 不況に強いと言われたパチンコ業界だが、矢継ぎ早に起きる業界を取り巻く変...
2020.03.01
社会学

セックス難民:ピュアな人しかできない時代  著:宋美玄

ED、更年期障害、体型の変化、セックスレス、相手がいない・・・ セックスをしたいけどできない「セックス難民」は、今後どんどん増えると考えられている。 週刊誌などのメディアが“熟年世...
2020.03.03
社会学

同窓会に行けない症候群  著:鈴木信行

「国民的アニメに見る『同窓会崩壊』」 「クラスの誰が同窓会に来ないのか?」 「参加率が下がっているのはなぜ?」 「同窓会に行かない人は将来どうなる?」 幸せな人生とは何...
2020.03.03
社会学

ナオキマンのヤバい世界の秘密  著:Naokiman Show

大人気YouTuberナオキマンが、知られざる“ヤバい世界の秘密"に迫る! 都市伝説、未解決事件、ミステリーなど、解き明かされていない謎をテーマに配信している、大人気YouTuberナオ...
2020.03.03
社会学

介護ヘルパーはデリヘルじゃない! 在宅の実態とハラスメント  著:藤原るか

介護職は重労働のうえ低賃金であるため、人手不足が続いている。 それなのに2018年の調査では、なんと4割の介護ヘルパーがセクハラを受けたと回答。 介護歴28年、百戦錬磨の著者自身も...
2020.03.06
社会学

スマホ断食 ネット時代に異議があります  著:藤原智美

1日2時間以上“スマホ"をいじっている人は要注意! 芥川賞作家によるネット社会批判。 何かあるとすぐにネットで検索。 止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。 L...
2020.03.06
社会学

セックスのほんとう  著:一徹

女性に大人気のAV男優が教える 好きな人と最高に楽しいセックスをする方法 世の中のセックスは、男性向けAVの「演出」を参考にしているため、女性にとっても男性にとっても、誤解がたくさん生...
2020.03.06
社会学

気になる「アソコ」に行ってきた!  著:風俗マニアライターズ

行ってみたいけれども、ちょっと怖い。 世の中には好奇心を刺激してやまないオトナのスポットが存在している。 マニア垂涎の聖水プレイ、童心に立ち返る幼児プレイ、禁断の兜合わせに戦慄する...
2020.03.22
タイトルとURLをコピーしました