人工知能は私たちを滅ぼすのか 計算機が神になる100年の物語  著:児玉哲彦

コンピュータ・IT






[内容紹介]


人工知能は人類の敵か?味方か?

今日、インターネットやスマートフォンの登場を超えるパラダイムシフトが
人工知能の技術で起きています。

・人工知能はどこまで賢くなるのか?
・私たちの暮らしや働き方はどう変わるのか?

もしかしたら、人工知能はいずれ人間には制御できなくなって
『ターミネーター』のように人類を滅ぼすのではないか?

そのような不安がSFの絵空事ではなく、現実味を帯びてきています。

本書は人工知能がどのように実現し、この先何を変えるのかを
テクノロジーと人間の関係をデザインするITの専門家が
100年にわたるコンピューターの進化の物語を読み解きながら
2030年に実現する世界と、その先に訪れる未来を描いた1冊です。



▼ ご購入はこちらから ▼

+1
タイトルとURLをコピーしました