[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

孤独という病  著:池田清彦

社会学
[本ページはプロモーションが含まれています]






[内容紹介]

いま、日本人の約4割がなんらかの形で孤独を感じているという。

心身の健康リスクをもたらし、テロや無差別殺傷の引き金にもなるといわれる“現代の伝染病”が、私たちに不安や寂しさを抱かせる理由とは?

「孤独の起源」を読み解くヒントは、人類の祖先が狩猟採集を行っていた時代の生活様式にあった。

現代を生きる我々は「ひとりぼっちを回避することによって生き延びた人びと」の末裔(まつえい)なのである。

他生物との比較を交え、気鋭の生物学者が解き明かす、知られざる孤独の正体と処方箋。


▼ 詳細はこちらから ▼