コミュニケーションは、要らない  著:押井守

社会学





[内容紹介]


ただ気分を吐き出すためだけの言葉をネット上に書き散らし、真偽の不確かな情報に右往左往し、目的もなく自分のフォロワーを増やそうとする。

そんなものは、コミュニケーションではない。

高度成長期以降、日本人は「現状維持」のために協調性ばかり重んじて、本質的な問題について真剣に「議論」することを避け続けてきた。

そのツケが今、原発問題を筆頭とする社会のひずみとして表面化しているのだ。

我々はなぜ人と繋がろうとするのか。

真のコミュニケーションとは何か。

世界が認める巨匠が初めて語る、目から鱗の日本人論。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました