余剰の時代  著:副島隆彦

社会学
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.5

[内容紹介]

21世紀の現代を生きる私たちは今、途方もなく厳しい時代を生きている。

「余剰・過剰」問題という怪物が世界を徘徊している。

モノを作っても売れない。

どんなに値段を下げても売れない。

だから、人間が余ってしまう。

従業員を「喰わせてやる」ことができない。

社会は失業者予備軍で溢れている。

とりわけ若者が就職できない。

実は百年前のヨーロッパで始まった、この解決不能の問題を、人類の中の最も先鋭な人たちがすでに真剣に悩み抜いていた。

ヴォルテール、ニーチェ、ケインズに導かれ、政治思想家であり、かつ金融・経済予測本のトップランナーである著者が、この難問題に挑む。


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました