[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

アトムの心臓  著:清武英利

ノンフィクション
[本ページはプロモーションが含まれています]







[内容紹介]

娘の心臓に残された時間はたった10年。

生まれながらに、心臓に疾患をもっていた娘は医師から、余命10年を宣告される。

娘の心臓に残された時間はたった10年。

何もしなければ、死を待つだけの10年。

これを運命だと諦めるか。

抗うか。
 
町工場を営む家族は、『「人工心臓」をつくり、娘の命を救うという不可能に挑む』ことを決意した。

実話をもとにした感動のノンフィクション。


▼ 詳細はこちらから ▼