[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

たゆたえども沈まず  著:原田マハ

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]








[内容紹介]

19世紀後半、栄華を極めるパリの美術界。

画商・林忠正は助手の重吉と共に流暢な仏語で浮世絵を売り込んでいた。

野心溢れる彼らの前に現れたのは日本に憧れる無名画家ゴッホと、兄を献身的に支える画商のテオ。

その奇跡の出会いが〝世界を変える一枚〟を生んだ。

読み始めたら止まらない、孤高の男たちの矜持と愛が深く胸を打つアート・フィクション。


▼ 詳細はこちらから ▼