メグル  著:乾ルカ

小説






[内容紹介]


ひときわ古い庁舎のH大学学生部。

希望者には学部を問わずアルバイトの紹介を行っているという――。

「あなたは行くべきよ。断らないでね」

無表情ながら美しく、奇妙な迫力を持つ学生部の女性職員から
突然に声をかけられた学生たち。

病院の売店での商品の入れ換え作業や
食事を食べるだけ
とある家の庭の手入れなど
簡単だが面白みもなさそうな仕事を、彼女が紹介するのはなぜだろう。

指定されたアルバイト先に足を運んだ学生たちに
いったい何がもたらされるのか
厄介事なのかそれとも奇蹟なのか?

五編収録の美しい余韻を残す連作短編集。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました