黒鳥の湖  著:宇佐美まこと

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク






4.0

[内容紹介]

妻と娘と幸福な生活を送っていた財前彰太の暮らしに不穏が兆す。

世間を騒がす女性拉致事件の手口。

被害者の衣服や髪などを家族に送り付けて楽しむが、十八年前、探偵事務所に勤めていた時に捜査依頼を受けた拉致監禁犯のやり口と瓜二つだったのだ。

当時、妊娠中の妻と結婚するため金が必要だった彰太は、伯父の会社を乗っ取るため、依頼人に伯父が犯人だと嘘の報告をした。

あの時の真犯人が再び動き出したのか!?


▼ ご購入はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました