七つの会議  著:池井戸潤

小説






[内容紹介]


トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を
“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった。

いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?

パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な人事。

急転する事態収束のため、役員会が指名したのは、万年二番手に甘んじてきた男、原島であった。

どこにでもありそうな中堅メーカー・東京建電とその取引先を舞台に繰り広げられる生きるための戦い。

だが、そこには誰も知らない秘密があった。

筋書きのない会議がいま、始まる。

“働くこと”の意味に迫る、クライム・ノベル。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました