死んでいない者  著:滝口悠生

小説






[内容紹介]


第154回芥川賞受賞作!

秋のある日、大往生を遂げた男の通夜に親類たちが集った。

子ども、孫、ひ孫まで。

一人ひとりが死に思いをめぐらせ、あるいは不在の人を思い
ゆるやかに互いを思う連帯の中で、それぞれの記憶と時間が広がってゆく。

20人あまりの生の断片から永遠の時間が立ち上がる一晩の記録。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました