隠れ菊  著:連城三紀彦

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク









[内容紹介]


浜名湖畔の料亭「花ずみ」の跡取りと結婚した通子。

名女将と評判の姑が亡くなりまもなく一年になる日、通子は夫の旬平の指示で一人の女と会う。

女は通子に言った「ご主人をいただきにきました」

とりだした離婚届には、すでに旬平の署名が。

この日から、平凡な主婦だった通子の日常は一変、妻の座と店の運命を賭けた闘いが始まった。

愛に商売に体当たりする女の生き様を描く、柴田錬三郎賞受賞作。



▼ 詳細はこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました