後悔病棟  著:垣谷美雨

小説






[内容紹介]


「過去に戻れる聴診器」を使ってみたら…。

33歳の医師・早坂ルミ子は末期のがん患者を診ているが
「患者の気持ちがわからない女医」
というレッテルを貼られ、悩んでいる。

ある日、ルミ子は病院の中庭で不思議な聴診器を拾う。

その聴診器を胸に当てると、患者の心の“後悔”が聞こえてくるのだ。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました