雨の朝パリに死す  著:フィツジェラルド 訳:飯島淳秀

小説






[内容紹介]


奔放な妻ヘレンとの生活に疲れはてて
失意の酒に酔いしれていたチャーリイ。

妻の死によって一人娘への愛情にめざめ
娘を取り返そうとパリに戻ってくるが
ふと出会った昔の女に過去が甦える。

第一次大戦後のパリを背景に男女の愛情のもつれを描く。

他に

「カットグラスの鉢」
「冬の夢」
「罪の赦し」
「金持ちの青年」

を収める。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました