風に立つライオン  著:さだまさし

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.5

[内容紹介]


1988年、恋人を長崎に残し、ケニアの戦傷病院で働く日本人医師・航一郎。

「オッケー、ダイジョブ」が口癖の彼のもとへ、少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれた。

2人は特別な絆で結ばれるが、ある日、航一郎は・・・

2011年3月、成長したンドゥングは航一郎から渡された「心」のバトンを手に被災地石巻に立つ。

名曲をモチーフに綴る感涙長篇。


▼ ご購入はこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました