熱帯  著:森見登美彦

小説






[内容紹介]


沈黙読書会で見かけた『熱帯』は、なんとも奇妙な本だった!

謎の解明に勤しむ「学団」に、神出鬼没の古本屋台「暴夜書房」
鍵を握る飴色のカードボックスと、「部屋の中の部屋」

東京の片隅で始まった冒険は京都を駆け抜け
満州の夜を潜り、数多の語り手の魂を乗り継いで、いざ謎の源流へ!



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました