真田太平記  著:池波正太郎

小説






[内容紹介]


天正十年(1582年)三月
織田・徳川連合軍によって戦国随一の精強さを誇った
武田軍団が滅ぼされ
宿将真田昌幸は上・信二州に孤立
試練の時を迎えたところからこの長い物語は始まる。

武勇と知謀に長けた昌幸は
天下の帰趨を探るべく手飼いの真田忍びたちを四方に飛ばせ
新しい時代の主・織田信長にいったんは臣従するのだが
その夏、またも驚天動地の事態が待ち受けていた。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました