工場  著:小山田浩子

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク






4.0

[内容紹介]

大河が南北を隔てる巨大工場は、ひとつの街に匹敵する規模をもち、環境に順応した固有動物さえ生息する。

ここで牛山佳子は書類廃棄に励み、佳子の兄は雑多な書類に赤字を施し、古笛青年は屋上緑化に相応しいコケを探す。

しかし、精励するほどに謎はきざす。

この仕事はなぜ必要なのか・・・

緻密に描き出される職場に、夢想のような日常が浮かぶ。


▼ ご購入はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました