試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。  著:尾形真理子

小説





[内容紹介]


年下に片思いする文系女子、不倫に悩む美容マニア、元彼の披露宴スピーチを頼まれる化粧品会社勤務のOL……。

恋愛下手な彼女たちが訪れるのは、路地裏のセレクトショップ。

不思議な魅力のオーナーと一緒に自分を変える運命の一着を探すうちに、誰もが強がりや諦めを捨て素直な気持ちと向き合っていく。

「あなたといたい」と「ひとりで平気」をいったりきたりする女心を優しく励ましてくれる物語。

ルミネの広告コピーから生まれた恋愛小説。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました