殺し合う家族  著:新堂冬樹

小説





[内容紹介]


浴室に転がった孝の生首が、貴子を見上げていた。

「いゃあっ!」

貴子は悲鳴を上げ、生首を蹴り上げた。

「お父さん!」

優太が、赤い飛沫を上げながら排水口に転がる生首を慌てて拾い上げた。

死体の解体を終えた貴子は最後の足をゴミ袋に詰めた。

手伝わされた優太は完全に壊れていた。

この場で繰り広げられている地獄絵図は、富永の存在なしには起こり得るはずがなかった。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました