雨の降る日は学校に行かない  著:相沢沙呼

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク








[内容紹介]

保健室登校をしているナツとサエ。

二人の平和な楽園は、サエが“自分のクラスに戻る”と言い出したことで、不意に終焉を迎える・・・

(ねぇ、卵の殻が付いている)



学校生活に息苦しさを感じている女子中学生の憂鬱と、かすかな希望を描き出す6つの物語。

現役の中高生たちへ、必ずしも輝かしい青春を送って来なかった大人たちへ。

あなたは一人きりじゃない、そう心に寄り添う連作短編集。


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました