「愛」という名のやさしい暴力  著:斎藤学

心理学
スポンサーリンク
スポンサーリンク








[内容紹介]

子どもを愛するがゆえに、子どもに期待して干渉する。

そんな親からの「やさしい暴力」を免れている家庭は、今の日本には少ないかもしれない。

波風を立てず、空気を読み合って、相手の期待を裏切らないようにふるまううちに人は自分の欲求や願望をうしなっていく。

他者の期待を読み取り、それにこたえることが「自分の人生」になっていないだろうか?

誰の役に立たなくても、みんなと同じことができなくても、あなたらしい人生はそこにある。

不安、無力感、寂しさ、怒り、罪悪感に苦しむあなたを家族問題の第一人者である精神科医が、「やさしい暴力」から解放する。

かけがえのない「あなた」が自分らしく生きるために。


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました