長いお別れ  著: 中島京子

小説






[内容紹介]


帰り道は忘れても、難読漢字はすらすらわかる。

妻の名前を言えなくても、顔を見れば、安心しきった顔をする。

認知症の父と家族のあたたかくて、切ない十年の日々。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました