七十歳死亡法案、可決  著:垣谷美雨

小説






[内容紹介]


高齢者が国民の三割を超え、破綻寸前の日本政府は
「七十歳死亡法案」を強行採決。

施行まであと二年、宝田東洋子は喜びを嚙み締めていた。

我儘放題の義母の介護に追われた十五年間。

能天気な夫、引きこもりの息子、無関心な娘と家族はみな勝手ばかり。

「やっとお義母さんが死んでくれる……」

東洋子の心に黒いさざ波が立ち始めて……。

すぐそこに迫る日本の危機を生々しく描いた衝撃作!



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました