殺戮にいたる病  著:我孫子武丸

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク








[内容紹介]

永遠の愛をつかみたいと男は願った。

東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。

犯人の名前は、蒲生稔。

くり返される凌辱の果ての惨殺。

冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました