いのちの停車場  著:南杏子

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク








[内容紹介]

東京の救命救急センターで働いていた、六十二歳の医師・咲和子は、故郷の金沢に戻り「まほろば診療所」で訪問診療医になる。

命を送る現場は戸惑う事ばかりだが、老老介護、四肢麻痺のIT社長、小児癌の少女らの様々な涙や喜びを通して在宅医療を学んでいく。

一方、家庭では、脳卒中後疼痛に苦しむ父親から積極的安楽死を強く望まれ・・・


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました