死刑基準  著:加茂隆康

小説






[内容紹介]


弁護士・大伴の妻が
自宅で強姦され刃物によって殺害された。

やがて逮捕された男は
強姦は認めたものの殺人は頑強に否認する。

しかし検察は「死刑」を求刑。

虚言か冤罪か。

大伴の親友でありながら被告の弁護についた
新人弁護士・水戸が法廷で見た真実とは…。

我々は何を根拠に命を裁けばいいのか?

現役弁護士が放つ衝撃のリーガル・サスペンス。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました