火のないところに煙は  著:芦沢央

小説






[内容紹介]


「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」

突然の依頼に、かつての凄惨な体験が作家の脳裏に浮かぶ。

解けない謎、救えなかった友人、そこから逃げ出した自分。

作家は、事件を小説にすることで解決を目論むが――。

驚愕の展開とどんでん返しの波状攻撃、そして導かれる最恐の真実。

読み始めたら引き返せない、戦慄の暗黒ミステリー!



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました