落日の轍 小説:日産自動車  著:高杉良

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク









[内容紹介]


かつて日産自動車に君臨し“天皇”と畏怖された男・塩路一郎。

組合員二十三万人の労働組合の総帥として、社長人事に影響を及ぼし、経営を歪め、社内紛争を長引かせる一方、豪華クルーザーで遊び、愛人を囲い、私利私欲を極めた。

なぜ彼は権勢をほしいままにできたのか。

大企業の病巣に切り込む迫真の実録小説。



▼ 詳細はこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました