首都感染  著:高嶋哲夫

小説





[内容紹介]


20××年、中国でサッカー・ワールドカップが開催された。

しかし、スタジアムから遠く離れた雲南省で致死率60%の強毒性インフルエンザが出現!

中国当局の封じ込めも破綻し、恐怖のウイルスがついに日本へと向かった。

検疫が破られ都内にも患者が発生。

生き残りを賭け、空前絶後の“東京封鎖”作戦が始まった。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました