風の歌を聴け  著:村上春樹

小説






[内容紹介]


あらゆるものは通り過ぎる。
誰にもそれを捉えることはできない。
僕たちはそんな風に生きている。

1970年8月、帰省した海辺の街。

大学生の〈僕〉は、行きつけのバーで
地元の友人〈鼠〉と語り明かし
女の子と知り合い
そして夏の終わりを迎える。

過ぎ去りつつある青春の残照を
鋭敏にとらえ群像新人賞を受賞した
村上春樹のデビュー作にして「初期三部作」第一作。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました