九月の恋と出会うまで  著:松尾由美

小説






[内容紹介]


「男はみんな奇跡を起こしたいと思ってる。好きになった女の人のために」

ある日北村詩織は、自室の壁の穴から“一年後の今日”を生きているという人物の声を聞いた。

「平野です」

その人物は、同じマンションに住む男性だという。

半信半疑ながら、平野に言われた通りに行動する詩織。

平野にはある目的があった。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました