変な家  著:雨穴

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク






4.0

[内容紹介]

謎の空間、二重扉、窓のない子供部屋・・・

間取りの謎をたどった先に見た、「事実」とは!?

知人が購入を検討している都内の中古一軒家。

開放的で明るい内装の、ごくありふれた物件に思えたが、間取り図に「謎の空間」が存在していた。

知り合いの設計士にその間取り図を見せると、この家は、そこかしこに「奇妙な違和感」が存在すると言う。

間取りの謎をたどった先に見たものとは・・・

不可解な間取りの真相は!?

突如消えた「元住人」は一体何者!?

本書で全ての謎が解き明かされる!


▼ ご購入はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました