中学んとき  著:久保寺健彦

小説






[内容紹介]


隣の席の加奈のことが気になって仕方がない。
モヤモヤの毎日。
関根は思いきって告白することを計画する。
(「純粋恋愛機械」)

親も先生も彼女も、誰も自分のことをわかってくれない。
イライラの毎日。
修は逃避行の旅を決意した。
(「逃げ出した夜」)



どこまでも突っ走っていたあの頃。
不器用でかっこ悪い
でもなぜか愛おしくて放っておけない
そんな中学男子たちの日常をリアルに描いた
痛くて切ない思春期連作ストーリー!



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました