日本人の9割が知らない遺伝の真実  著:安藤寿康

医学・薬学






[内容紹介]


遺伝ほど俗説で誤解されているものはない!

◆ゲノム編集、クローン技術、iPS細胞……、21世紀は遺伝子の世紀だともいえそうだ。
いま注目の「行動遺伝学」からわかってきた、遺伝と環境、才能と努力、本当の関係!
ベストセラー『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(橘玲)を読んで
面白いと思った人はさらに面白がれる!

◆行動遺伝学の第一人者が明らかにする!
教育学では、遺伝と学力の関係を無視してきたが
「知能指数は80%遺伝」という衝撃をどう捉えればいいか?
身長や体重など身体的な特徴だけではなく
IQや性格への遺伝的影響も大きいことがわかってきた。
ならば、勉強することには意味がないのか?
しかし、遺伝的なものが自発的に発現するとは限らず、教育環境も重要である。

◆「ヒトは生まれてから成人に向かうにつれて、さまざまな環境にさらされて
さまざまな経験を積むなかで、だんだんと遺伝的な自分自身になろうとしている」
すなわち「年をとるほど遺伝の影響は大きくなる」という現象なども見いだせる。



●目次
第1章 不条理な世界
第2章 知能や性格とは何か?
第3章 心の遺伝を調べる
第4章 遺伝の影響をどう考えるか
第5章 あるべき教育の形
第6章 遺伝を受け入れた社会



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました