それでも、日本人は「戦争」を選んだ  著:加藤陽子

歴史・地理
スポンサーリンク
スポンサーリンク







4.0

[内容紹介]


かつて、普通のよき日本人が「もう戦争しかない」と思った。

世界最高の頭脳たちが「やむなし」と決断した。

世界を絶望の淵に追いやりながら
戦争はきまじめともいうべき相貌をたたえて起こり続けた。

その論理を直視できなければ、かたちを変えて戦争は起こり続ける。



▼ ご購入はこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました