大東亜戦争は日本が勝った  著:ヘンリー・S・ストークス

歴史・地理





[内容紹介]


「太平洋戦争」はアメリカの洗脳だった!

この書は日本のプロパガンダではない、史実である!

日本よ 呪縛から解放されよ!

ヘンリー・S・ストークス 来日50年の総集編

世界史を俯瞰して明らかになった大東亜戦争の真実

共産党などの左翼は、大東亜戦争は「侵略戦争」であったと言う。

そうであろうか?

史実を検証すると、そこには明らかに「アジア解放戦争」の側面が見て取れる。

アメリカの侵略戦争や、大英帝国の植民地支配での戦争とは、明らかに違った姿を現じている。

私は、大東亜戦争を日本がなぜ戦ったのか、その結果、何が世界に起こったのかは、世界文明史的な俯瞰をもってしてはじめて、明らかになるものだと、そう思い始めた。

世界文明史の中で、大東亜戦争を位置づけようというような野心的な試みは、一冊の本で果たせるものでもないが、その第一歩を英国人ジャーナリストの私が切り開くことで、世界中に多くの賛同者が出てくると、そう確信している。


▼ ご購入はこちらから ▼




Kindle

0
タイトルとURLをコピーしました