[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

「逆張り」の研究  著:綿野恵太

社会学
[本ページはプロモーションが含まれています]






[内容紹介]

新聞記者に「逆張り」認定された批評家が戸惑いつつも「逆張り」という現象を考える。

「批評」ではなく「運動」や「現場」

「おじさん」ではなく「女性」や「若者」

「傍観者」ではなく「当事者」が称揚され「逆」が嫌われた(あるいは反動的に好まれた)2010年代とは何だったのか?

「注意経済」「相対主義と絶対主義」「冷笑(シニシズム)」「ポピュリズム」「差異化ゲーム」などのキーワードを軸に、SNSの隆盛とともに社会が大きく変化していった時代を振り返る。


▼ 詳細はこちらから ▼