AVビジネスの衝撃  著:中村淳彦

社会学
スポンサーリンク
スポンサーリンク








[内容紹介]

AV業界の内幕を抉る驚愕のルポルタージュ。

アダルトビデオは性行為を晒すことで対価を得るメディアである。

ビデオデッキの普及、バブル時代とリンクして、AVは急速にメジャーになった。

当時は、女優のギャラは安く、メーカーだけが巨額の利益をあげていた。

怪しい人間が跋扈し、女優らを食い物にしていた輩も少なからずいた。

バブル崩壊と時を前後して盟主であった村西とおる監督率いるダイヤモンド映像が倒産。

混沌とした中でセルビデオが登場、それまでのレンタルAVと対立の構図ができあがる。

ここで何が起こったか?

想像を絶するような出来事が頻発していた。

そして、衝撃の結末を迎える。

現在はどうか。

かつてのビジネスモデルは崩れ、簡単に利益が上がらない構図となっている。

当然、女優のギャラは下落する一方で労働量は増え、求められる技術は過激の一途を辿っている。

そんな業界にも関わらず、AV女優になりたい女性の応募が殺到。

今や人気単体女優は容姿端麗であることは当然、一流大学在学中といった付加価値のある女性でなければ採用されないのが現実だ。

村西とおる、松本和彦、安達かおるといった時代を引っ張ってきた監督や現役女優や男優らが実名で登場。

内幕を赤裸々に語る。


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました