結婚滅亡 「オワ婚時代」のしあわせのカタチとは?  著:荒川和久

社会学





[内容紹介]

「結婚が作られず」「「結婚が壊される」

2040年、人口の5割が独身(=ソロ社会)という時代がやってくる!

それは「絶望の未来」か?

それとも「希望の未来」か?

“オワ婚”時代の「結婚」「家族」「コミュニティ」「しあわせ」について、豊富なデータをもとに、独身生活者研究の第一人者が視点を多重化して考察した1冊。

いつもの風景も視点を変えれば、新しい「発見」がある!


本書で扱う『結婚』とは、単に男女が婚姻関係を結ぶという形態だけのことではなく、結婚によって今まで作られてきた「社会的構造」「経済的構造」「人間的構造」という部分に着目したいと思います。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました