コミュニケーション・ストレス 男女のミゾを科学する  著:黒川伊保子

社会学





[内容紹介]


職場での行き違いや、家庭での夫婦の仲違いが起こる前に、男女のコミュニケーション・ストレスが生まれている。

「正しいのは、客観的に判断できる僕」

「正しいのは、相手の気持ちに寄り添える私」

男女の脳のあり方に起因する「感性の呪縛」を乗り越えるには、本書で紹介する四つの共感テクニックや、男性に話しかけるときの3秒ルールといった知恵が効果的。

さらに「タスク・イーブン」ではなく「ストレス・イーブン」(することではなく、ストレスを等分する)という新たな発想も提案。

職場でも夫婦間でも、友人・恋人関係でも極めて有効な、男女コミュニケーションの教科書。

「ヒトの脳には『感性の呪縛』があり、どうしたって、自分が正しく、相手が愚かに見えるようにできている。

それが、男女理解を阻むのである。

私がまさか『感性の呪縛』を乗り越えられたのは、人工知能に人間のありようを教える手法を研究していたからだ。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました