スノーデン 日本への警告  著:エドワード・スノーデン

社会学






[内容紹介]


2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件以降
テロ防止の名の下に、アメリカ政府は技術発展の著しい
インターネットを通じた大規模な監視体制を構築していた。

ところが対象となっていたのはテロリストだけではなく
全世界の一般市民すべてだった……。

2013年6月
これらの事実を暴露したのが元情報局員のスノーデンである。

権力が際限のない監視を行い、それが秘密にされるとき
権力の乱用と腐敗が始まる。

本書では、日本人に向け、今起きている深刻な事態や
権力を監視するための方途をスノーデンが明快に解説。

後半はスノーデンの顧問弁護士や
ムスリム違法捜査を追及する弁護士
公安事件に詳しいジャーナリストら
日米の精鋭が、議論を多角的に深める。

警世の一冊。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました