病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ  著:木村知

社会学





[内容紹介]


なぜインフルエンザは毎シーズン大流行するのか。

総合診療に従事する著者は「風邪でも絶対に休めない」という社会の空気が要因の一つだと考える。

現在の日本では、社会保障費の削減政策が進み、負担は増え健康自己責任論さえ叫ばれ始めた。

医療、社会保障制度のあり方を考察する。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました