[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

松田聖子の誕生  著:若松宗雄

ノンフィクション
[本ページはプロモーションが含まれています]






[内容紹介]

「すごい声を見つけてしまった」

一本のカセットテープから流れる歌声が、松田聖子の始まりだった。

芸能界入りに強く反対する父親、難航するプロダクション探しと決まらないデビューなど、相次ぐハードルを独特の魅力を武器に鮮やかにとび越えていく。

地方オーディションに夢を託した、「他の誰にも似ていない」16歳の少女の存在がやがて社会現象になるまで、間近で支え続けた伝説のプロデューサーが初めて明かす。


▼ 詳細はこちらから ▼