全電源喪失の記憶 証言・福島第1原発 日本の命運を賭けた5日間  著:共同通信社原発事故取材班

ノンフィクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク






4.0

[内容紹介]

東日本に大津波が押し寄せたあの日、濁流は福島第1原子力発電所をも飲み込んだ。

全電源を喪失し制御不能となった原発。

万策尽きた吉田昌郎所長は、一人一人の顔を眺めながら共に死ぬ人間を選んだ。

遺書を書き、家族に電話をかけ、嗚咽する人。

現場に背を向けた人…

極限で彼らは何を思い、どう行動したか。

絶望と死地を前にして揺れ動く人間を詳細に描いた、迫真のドキュメント。


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました