[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

桑田佳祐論  著:スージー鈴木

ノンフィクション
[本ページはプロモーションが含まれています]






[内容紹介]

サザンからソロまでの26作を厳選、その歌詞を徹底分析。

「胸さわぎの腰つき」の衝撃から44年。

以来ずっと桑田佳祐は自由に曲を書き、歌ってきた。

日本語を巧みにビートに乗せ、「誘い涙の日が落ちる」といった独創的な言葉を紡ぐ。

情感豊かな歌詞で日本人の心を鷲づかみしながら、エロくキワどい言葉を投げ、愛と平和を正面から訴える。

はたして桑田佳祐は何を歌ってきたのか。

サザンからソロまで1000に及ぶ楽曲のうち、26作の歌詞を徹底分析。

その“ことば”に本質が宿る。


▼ 詳細はこちらから ▼