原爆と戦った軍医の話  著:さすらいのカナブン / 肥田舜太郎

日本史
スポンサーリンク
スポンサーリンク






4.0

[内容紹介]

肥田舜太郎氏(当時28歳・軍医)の被爆体験を漫画化。

軍医・肥田舜太郎が見た広島の原爆、戸坂での三ヶ月半。

キノコ雲の下、何が起きたか。

市民はどう動いたか、大人たちは何をしていたのか、原爆とはどういう兵器なのか。

大人の目線から見た原爆の話。


▼ ご購入はこちらから ▼





Kindle


 
タイトルとURLをコピーしました